アオシマ1/64ライトウエイトスポーツコレクション Vol.2、その1


日時:13年9月12日

 2009年9月に発売された、青島文化教材社の1/64ライトウエイトスポーツコレクション。その二番手が遂に発売となったので紹介したい。当初は7月発売だったのだが、約2ヶ月遅れの発売となった。AZ-1、ビート、カプチーノ、コペンが3色とシークレットが1種、計13種というラインナップで、箱入りの場合は12ヶとなる。
 注目はAZ−1で、モデルとしてラインナップされたのは、マツダミュージアムに展示してある「幻のマイナーチェンジモデル」がモデル化されたことだ。ノーマル顔で小さなリアウイングがついていること、そもそもアオシマのチラシにも「幻のマイナーチェンジモデル」とわざわざ書かれている。
 今回は、箱の外観はもとより、12ヶある内のどの部分を買えばAZ−1に当たる確率が高いのかまで検証していきたい。




 以下、参考として今まで紹介してきたミニカー等のレポートも掲載する。特に、前回発売の「アオシマ1/64ライトウエイトスポーツコレクション」と比較して見ていただきたい。


AZ−1ちびっこチョロQ発売
チョロQ総括
たのみこむ 1/43モデル
HOT WORKS製1/43スケールダイカストモデル
HOT WORKS製1/43スケールダイカストモデル、その1
HOT WORKS製1/43スケールダイカストモデル、その2
国産名車コレクションVOL.67、その1
国産名車コレクションVOL.67、その2
AZ−1のラジコンLeggero、その1
AZ−1のラジコンLeggero、その2
AZ−1のラジコンLeggero、その3
アオシマ1/64ライトウエイトスポーツコレクション、その1
アオシマ1/64ライトウエイトスポーツコレクション、その2
アオシマ1/24ベストカーGTシリーズAZ−1、その1
アオシマ1/24ベストカーGTシリーズAZ−1、その2
アオシマ1/24モデル MSV、その1
アオシマ1/24モデル MSV、その2
アオシマ1/24モデル CARA、その1
アオシマ1/24モデル CARA、その2
アオシマ1/24モデル M2 1015


外箱、その1
外箱、その2
小箱、その1
小箱、その2
箱を開けてみた
AZ−1の1/64モデルVol.2、その1
AZ−1の1/64モデルVol.2、その2
「当たり」の確率はどこが一番高いのか!?